CASTLE OF LEARNING ~慶應義塾大学 通信教育課程~

記憶力が退化する年齢にもかかわらず、学びの城、慶應義塾大学通信教育課程に学士入学しました。理系出身の私が文系学部で学ぶことになり、よくわからないことばかり。それでも卒業目指して頑張ります。それまでの過程やその後の姿を綴っていきたいと思います。

レポート の記事一覧

スポンサーサイト

Posted: --------  --:--
カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

【保存版】 レポートを書くとき、実践的に役立つと思う本

Posted: 2014-11-08  23:45
カテゴリー: レポート
学友たちに、あーだこーだ くだを巻くだけで、いつまでも レポートを書き始めない わたし...。

まだ、自分が選んだ 文芸作品 を 1つも 最後まで読み終えていない ということも理由の1つ。 「 問い 」 のようなものを 設定できていない のも理由の1つ。 同じく、 レポートの構成 を 考えられない ことも理由の1つ。 そして、もう耳にタコができてしまっていると思いますが、 理系 と 文系 では レポートの書き方 が全く違う ということに 未だに戸惑い、それをイマイチ解決できていない ことも理由の1つ。

2013年の6月頃、ちょうど慶應通信の入学願書を入手した頃に、書評の書き方 に迷い、何冊か本を読みました。今回は、書評を書くわけでもないのに、その何冊かを、理由はわかりませんが、何故か読み返しておりました。

そして、 この本  を見つけました 




この、 『 大学生のための「読む・書く・プレゼン・ディベート」の方法 』 は、わたしには非常にわかりやすい本でした。 本と読み手にも相性があると考えていますので、私と相性の良い本がやっと見つかったということです。

とにかく、 具体的に書いてあります。 例えば、

P.21 では、要約の仕方が丁寧に説明されています。 レポートの課題で、 「 要約しなさい 」 と書いてあっても、ただ要約するわけではない ということをよく理解できます。

P.49 では、

 レポート・論文は、あるテーマの下で、ある問題に答えを与える 「 問い - 答え 」 という構成形式 をしていなければならない。


ということを改めて認識できます。

P.62 では、 「 問題をどう設定するか 」 について説明されており、 なかでも、

自分が本当に関心を持っていることは何なのかを明確にしながら、能力や時間などの制約に照らし合わせて 書くべきことを相当狭く限定していかねばならないテーマの範囲を絞り、論文のかたちにまとめられるような問題を設定してゆくことが、レポート・論文にとって最も重要な過程 であり、これこそが、書きなれていない者にとって最も難しい部分なのである。


という部分を読んだ時には、なんだか、今まで胸につかえているものが、レーザーか何かで粉砕され、一気にすっきりしたような気がしました。

【保存版】 レポート・論文の書き方 に関する書籍」 で色々な書籍を整理して紹介しておいて、 なんなんですが、 イマイチな感じがしていた理由がわかりました! 本との相性は本当に大切なものなのですね。 やっとレポートを書き始める決心がついた 気がします。

その前に文芸作品を読み終えなければなりませんが。


Posted by Meisterstück

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

【保存版】 レポート・論文の書き方 に関する書籍

Posted: 2014-11-05  20:00
カテゴリー: レポート
塾生ガイド 2014 」 の P.86 - 88 にある、「 レポート作成上の注意 」 を読み返してみました。 ここでは、次の [1][7] の7冊が参考書として紹介されています。


[1] 学術論文の技法 [2] 論文執筆ルールブック

画像なし


[3] MLA英語論文の手引 [4] 論文作法―調査・研究・執筆の技術と手順 (教養諸学シリーズ)



[5] レポート・論文の書き方入門 [6] レポート・論文の書き方 上級



[7] レポート・卒論のテーマの決め方



わたしは、まだ、レポートを書き始めることができる状態ではないのですが、一度、手元にある書籍と比較・検討を行いたかったので、まとめてみました。 わたしが持っているのは、 慶應義塾大学出版会 から出版されている、 [5][7] の3冊のみです。


[7] の 『 レポート・卒論のテーマの決め方 』 の著者であられる、三井宏隆 先生は、この他にも、大学の通信教育課程で学ぶ学生向け に、次の [8][9] のような書籍も執筆しておられます。 いずれも、 慶應義塾大学出版会 から出版されているので、まずは、[9] を購入しましたが、後で、「 読む順番が逆ではないのか? 」 という疑問が生じ、[8] の購入も検討していますが、まだ購入には至っておりません。 読む本が既に山積みですので。


[8] 大学通信教育に学ぶ人のためのスタディガイド [9] 大学通信教育に学ぶ人のための卒論作成ガイド



この他に、わたしが、2015年4月に受験を延期した 「 ACADEMIC WRITING I 」 P. 72 には、前述の [5] 『レポート・論文の書き方入門 』 とともに、下記 [10] が紹介されていました。 そして、同書籍のシリーズで先月発売されたばかりの [11] に、わたしは 並々ならぬ興味 を抱いております。是非読んでみたいです。


[10] アカデミック・スキルズ(第2版)――大学生のための知的技法入門 [11] 学生による学生のためのダメレポート脱出法 (アカデミック・スキルズ)



現在、レポート執筆中の皆さん、少しつまづいたり、発想の転換が必要と感じたりすることもあると思います。そんな時には、ここでご紹介した書籍を手にとって少し頭を休めてみるのもいいかもしれません。

レポートをまだ1本も仕上げたことのない者からのご提案でした。


Posted by Meisterstück

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

そう言われてもねぇ~ (-_-;)

Posted: 2014-10-28  22:30
カテゴリー: レポート
このところ、このブログの記事を読んでいて、
「この人、ちゃんと勉強してんのかなぁ?大丈夫~?」
と思っておられるそこのあなた、お気持ちはよぉ~くわかります。他の方のブログはもっとちゃんと勉強していることがわかるブログですものね。

でも、大丈夫。こっそり教科書読んだり、過去問解いてみたり、一応勉強はしております。それをどうして記事にしないのかというと、記事にできるほど、まとまって一つのことをやっていないから。

科学哲学」 の教科書を何ページか読んで、レポートの課題を見ても、まだレポートが書けるほど深くは読んでいない。 「英語学概論」 の教科書をざっくり読んでみても、すぐにサクッとレポートが書けるわけではなく、さらに参考図書を読まなきゃなぁ~と思う状態。じゃあ、また別の... といった具合ですので、まだ1科目を深く勉強できるという訳ではないのです。

20141028 woman is reading a book

そこで、まずは放送英語 (ライティング) で井上先生に基礎を教えていただいている、「ACADEMIC WRITING I」 から書いてみようかと、レポート課題を何度も何度も繰り返し読んではいるのです。というか、読むというほど長いお題じゃないんですけどね。皆さんも知りたいですか? まぁ、かいつまんで言うと、

1000~1200 words のエッセイを書け!!

ってだけなんですが、問題は、その長さにふさわしいテーマを選ぶばなければならないってこと! リサーチなるものを行って、テーマについて自らの意見や見解を書いて、資料で裏付けが必要なんだそうです。で、5点以上 の文献引用、うち、 3点以上は英語文献 じゃないといけないんだってぇ~!

これ、どう思いますか? あれこれテーマを考えてはいるのですが、リサーチを行うようなテーマってどんなテーマなんですかね?文献はガンガン引用するのに、長さは、1000~1200 words でないといけない。

わたしの頭で思いつくテーマといえば、普段から関心のあるもの、でも長さが限られている以上、ある程度絞り込みが必要となります。そうすると、テーマは文学部的なところからどんどん離れていってしまうんです。文献はもちろん、自然科学系の文献はダメなんだろうし、そうすると、文学系の文献を引用するようなテーマでないといけません。ううう。

一体どんなテーマになるかは、乞うご期待!というところですね。 ははは。
(笑っていられるのも今のうち。)


Posted by Meisterstück

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。