CASTLE OF LEARNING ~慶應義塾大学 通信教育課程~

記憶力が退化する年齢にもかかわらず、学びの城、慶應義塾大学通信教育課程に学士入学しました。理系出身の私が文系学部で学ぶことになり、よくわからないことばかり。それでも卒業目指して頑張ります。それまでの過程やその後の姿を綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

Posted: --------  --:--
カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ザ・普通そこまでするかワザ のご紹介 (^^)v

Posted: 2014-10-26  23:30
今日は 何の日 でしょう? 「答え」は、教科書のスキャンをする 日 です!
(そんなこと↑一体誰が決めたんだ~? え~、勿論わたくしが、ただなんとなぁ~く決めてみましたが何か問題でも?)
さ、そうと決まったら始めましょう♪  ただし、少々お金がかかる かもしれませんし、スキャナー必要 となります。予めご了解ください。


[1] まず、スキャンしたいものを準備します。

今日はテキスト、教科書6冊、参考図書1冊です。

20141026 before started
 これが今日スキャンする分です。 


[2] 背表紙に沿ってカッターで切り、スキャンできるようにバラバラにします。

カッティングボードとカッター、定規があれば自分でも作業できますが、この作業が結構大変なのです。そこで、わたしは、この作業を自分でせずに、Kinko's さんにお願いしてしまいます。業者の方が早くてキレイにできますので。

したがいまして、まずは電車に乗って 横浜駅近くの Kinko's さんのお店へ直行! 厚さ 1cm 分の用紙 で、通常は 108円 (税込) かかります。今回は合計 11cm ありましたので、この 「背落とし」 という作業のために、1,188 円 (税込) かかりました。

20141026 spines were cut apart from textbooks at kinkos
 Kinko's さんで作業していただいた後はこのようになります。 

20141026 spines of the textbooks
 背表紙部分もこんなにキレイです。 


[3] バラバラになった教科書を1冊分ずつ給紙部に置き、スキャンを始めます。1冊分のスキャンが終わる度にファイル名を決め、PCにどんどん保存していきます。

スキャンはスキャナーにお願いしなければなりませんが、Fujitsu の ScanSnap シリーズ はお勧めです。我が家のものは少し前に購入したものですので、型番は S1500。今はもう型遅れですが、現役で頑張ってくれています。

20141026 textbooks being scanned
 ScanSnap があれば、こうしてどんどん両面一度にスキャンしてくれます。 

スキャナーは各メーカーから様々な製品が出ていますが、この Fujitsu ScanSnap のスキャンは、本当に早いです。2~3秒でA5サイズの用紙を1枚吸い込んでいく ぐらいのスピードです。一度手にしたら、もう離したくなくなる代物です! お陰で我が家も少しずつですが、ペーパーレス化を進めることができています。


[4] 全てのスキャンが終わったら Evernote にファイルを移していきます。

PC上で Evernote を開きます。 1冊スキャンが終わる度に作成したPDFファイルを、Evernote の新規ノートに1つずつ、ファイルをドラッグしていきます。最後に、Evernote でPDFファイルを開けることを確認します。

20141026 scanned textbooks were duly saved.PNG
 Evernote にもこの通り、保存されました! 


[5] スキャン済みの各教科書を製本します。

スキャンデータがあるから、紙の教科書はもう不要であるという方は、廃棄することも可能でしょう。しかし、わたしは、教科書を捨ててしまうことは今のところ考えてはおりません。デジタル化された内容はあくまでも紙の教科書が読めない時のためのものだからです。

デジタルの教科書は、例えば、昨日のように、GG (=ぎっくり腰) で身動きが出来ない時や、病院の待ち時間、頭さえハッキリしていれば、夜眠れない時でも夫や犬を起こさずに読めるので、わたしのような状況の者には非常に便利なのです。

それに、今回スキャンした、「科学哲学」のように、「持込可」の試験で持ち込める教科書を捨てる方はいないでしょう。

というわけで、わたしは、一度バラしていただいたのに、今度はまた製本をお願いしに、電車に乗って 、再度 Kinko's さんへ向かうことになります。

20141026 now all set after all
 製本の方もこれで出来上がり! 

上記画像のように、プラスチック製の リング製本 であれば、1冊につき 345円 (税込) です。今回は合計 7冊 ありましたので、合計 2,419 円 (税込) でした。


ということで、本日は1月の試験で受験する予定の教科書 (テキスト) をPDF化して一日が終わってしまいました。10月の試験の時にはここまでしなくてもという 甘え があり、今日紹介したような作業はしておりませんでした。その結果、やっぱりやっておけばよかったと 結局後悔 することになってしまいました。その反省を活かして、今回は早々に作業を完了させ、万全の体制に近いところまできました。

おそらく、普通は、こんな作業までされる方はいらっしゃらないでしょう。たかが通信教育ですものね。 しかし、わたしは別。 あらゆる状況下で勉強することを常に考えながら、それを実行しなければなりません。こうでもしなければ、健康な皆さんに追いつくことさえできません。

特に、これからの季節は、わたしにとって暗黒の季節。 寒くなり乾燥してくれば、わたしの身体の免疫力はさらに低下し、ウィルスにとっては、ヤリ放題の季節となります。またしても、ウィルスや他のものに負けて勉強ができなかったら...、そう考えると、この程度の作業はわたしにとって必要不可欠であると思います。

さ、あとは勉強するだけです!!!


Posted by Meisterstück

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

コメント

ありがとうございます‼︎
常々、通信の教科書が携帯で読めたらなぁ〜と思っていたので、凄く役に立ちそうです。
スキャナーは持っていませんが、試してみたいと思います。

お役立ち情報ありがとうございます。

Re: ありがとうございます‼︎
beromaro 様

初めまして。コメントありがとうございます♪

> 常々、通信の教科書が携帯で読めたらなぁ〜と思っていたので、凄く役に立ちそうです。
> スキャナーは持っていませんが、試してみたいと思います。

スキャナーは教科書をスキャンするとなると、スピード勝負です。
よほどお時間に余裕のある方なら、コピー機のように製本された本を開いてスキャンしてめくってまた...という方法もあります。
でもお仕事をお持ちでしたら、そうは行きませんよね。
それでしたら、速くスキャンできるようなスキャナーをお持ちのお友達などを探して「ガー」っと一気に作業する方が効率的です。後は会社のスキャナーを使えるならそれも一案です。

因みに、Kinko'sさんではスキャン作業も依頼できますが、ものすごく高いです。

教科書が必要な場合は、安価ならもう1冊買うというのも時間節約のためには一つの選択肢かと考えています。

> お役立ち情報ありがとうございます。

いえいえ。またお越しくださいませ。

M

管理者のみに表示する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。