CASTLE OF LEARNING ~慶應義塾大学 通信教育課程~

記憶力が退化する年齢にもかかわらず、学びの城、慶應義塾大学通信教育課程に学士入学しました。理系出身の私が文系学部で学ぶことになり、よくわからないことばかり。それでも卒業目指して頑張ります。それまでの過程やその後の姿を綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

Posted: --------  --:--
カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

仕切り直しが必要だというのが結論 (*_*)

Posted: 2014-10-31  19:30
カテゴリー: ACADEMIC WRITING I
10月29日 に収集した論文8本 を今日読み終えた。

個人的 な 学術的好奇心 は大いに満たされ満足したのだが、問題は、絞り込みができないどころか、卒論のテーマではなくとも、それに関連するようなテーマは、よく考えてもやはり エッセイ としては長くなり過ぎるということ。

これら8本の文献の内容に関連するような範囲でテーマの絞り込みができるかどうか、可能性を考えつつ、他の トピック や テーマ も視野に入れる必要があるのではないかと思い始めた。

困ったり迷いが生じたら基本に立ち返る! 重要なことだ。ということで、テキストを読み返した。

▶ P. 72 自分がどれほどの規模の論文を書くかによって、トピックの絞り込みは変わってくる ことについて言及あり
  例も示されてはいるが、わたしには非常にわかりにくい例である
▶ P. 73 の ブレインストーミングの必要性 を読み、更に熟考が必要であるこを実感
▶ P. 74  「 論文作成のプロセスを成すのは、問いの設定と探求である 」 ことを再認識
▶ P. 74  「 調べ物 」 が目的と化してしまう危険性 に自分も注意すること

上記を踏まえた上で、P. 144 のモデル・エッセイを読み直す。ふむふむ。
やはり、ブレインストーミングからやり直そう!

わたしに三連休はない! のかなぁ~?


Posted by Meisterstück

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

コメント


管理者のみに表示する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。