CASTLE OF LEARNING ~慶應義塾大学 通信教育課程~

記憶力が退化する年齢にもかかわらず、学びの城、慶應義塾大学通信教育課程に学士入学しました。理系出身の私が文系学部で学ぶことになり、よくわからないことばかり。それでも卒業目指して頑張ります。それまでの過程やその後の姿を綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

Posted: --------  --:--
カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

今や必須アイテムのフリクションボール

Posted: 2014-11-12  12:00
※ この記事、結構前に書いた記事なので、ちょっと古いですが、棚卸しということで、アップします。

------------------

これがなかったら、慶應義塾大学 通信教育課程 に入学出来なかったといっても過言ではないアイテムがあります。 今では誰もが1本は持っているのではないかという、超ヒットアイテム、 パイロット社のフリクションボール です。 (※ あくまでもわたし個人の意見です!) もうすっかりお馴染みの 「消せるペン」。

今わたしが使用しているのは、ペン中央部を回転して 赤と黒の2色 使えるタイプ の、フリクションボール2・ビズ  色は画像上から3番目のグレーです。 細身でシックなデザインが気に入っています。


このペンがなかったらどうして入学できなかったのか? その理由は簡単です。 このペンがなかったら、入学願書を記入できなかったからです。 わたしは、入学願書や履歴書といった正式に提出する文書を手書きで仕上げるのが何よりも苦手なんです!!!

生まれた頃にはもうインターネットが普及していた 「 恵まれた世代 」 ではなく、 正真正銘の 「 昭和生まれ 」 のわたし。 高校生のときまでは鉛筆で字を書いていたこと、朧げながら覚えています。 PC に初めて触ったのも、確か大学に入学する頃。 研究室で実験道具を動かすために使われていた NEC の 88 シリーズ でした。 黒い画面 に グリーン の 文字 の。

就職してからはずっとワープロやパソコンで仕事をする毎日。 郵便物を出す時も全てシールか封筒に直接プリントアウト。 字を練習したのは小学校の時が最後です。

決して自慢できることではありませんが、履歴書でさえ手書きで書いたことはほとんどありません。 時代ということ、外資系の会社で働いていた期間が長いことが主な理由でしょう。 入社時に提出する CV や レジュメ は タイプ か ワープロ で 印字されたものが当たり前。 それに、同時に提出する日本語の履歴書も、Excel か何かで自分でフォーマットを作成してあり、プリントアウトして名前を署名代わりに手書きするだけでした。 これが、 Excel や PC を使えるというアピールになった時代だったのです。

では、こんなわたしが、どうやって入学願書を仕上げたのでしょうか? 格別変わった方法ではありません。

清書までの作業は全てPCで行い、フリクションボール わたしは赤で で下書きをします。その上から きちんと乾く水性ゲルボールペン uni-ball Signo の 0.28mm か 0.38mm がわたしのお気に入り♪) で清書し、あとは 髪を乾かす時に使う ドライヤー で熱を加えます!!!


ここで、フリクションボール に附属の消しゴムを使うと、乾いていない清書用インクが擦れて、願書を汚してしまう可能性があります。 そこで、 ドライヤー の出番 熱風を当てると、下書きの フリクションボール で書いた文字はどんどん消えていきます。 ポイントは紙がよれよれにならないようにまんべんなく熱風を当てること!

鉛筆で下書きをしてボールペンや万年筆で清書することも一つの選択肢ではあります。 しかし、 わたしの過去の経験では、最後に鉛筆で書いたものを消しゴムで消す時に、乾燥しきれないインクが擦れてしまい必ずといっていいほど文書を汚すことになってしまいます。 入学願書ならば、より安全な方法をとるのが賢明です。

入学後、学部変更志願書 を書くときにも、この方法でした。 近い将来、 試験前に提出するレポートで 手書き指定 のものは、やはりこの方法にします。 フリクションボール に助けを乞う!

しかし、科目試験ではこの方法が使えません!!! 鉛筆書き不可 の科目試験で、 試験時間が1時間しかないのに、 下書きしてから清書をする時間 などありません!! ドライヤー も持ち込めませんし...。 (←当たり前でしょ!!!) 科目試験ではやはり、出来るだけ丁寧に字を書くしかないですね。 まず、中身ありき ですし。

こんな小技を使わずに、 いつかは わたしも 万年筆でスラスラと 美しい字 を書けるようになりたいものです。 年齢も年齢ですので。 老後には、 「書道」 と 「そろばん」 でも習いましょうかね。

昨夜は早めに眠りについたので、そろそろ 『 ボヴァリー夫人 』 に戻ります。


Posted by Meisterstück

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

コメント

消せるペン・・・フリクション
消せるペン…フリクション

いつのころからでしょうか?
子供が使っているのを知って 私も使うようになりました。

私は、 ドライヤーではなく

アイロンを使います( *´艸`)
仕上がりもドライヤーよりもよく
しわにならずに 快適ですよ♪

この技は パッチワークをする上で話題となり
ペーパーにもトライした感じです〜

熱で消えるペンですから あたり前といえば
あたり前なのかもしれませんが
一度お試しあれ(^O^)/

既にご存知でしたら あしからず…
Re: 消せるペン・・・フリクション
UDA様

コメントありがとうございます♪

> 私は、 ドライヤーではなく
> アイロンを使います( *´艸`)
> 仕上がりもドライヤーよりもよく
> しわにならずに 快適ですよ♪

アイロンですか!!!!!
アイロンまでは考えが及びませんでした。
わたしのデスクはドレッサーも兼用しておりまして、手を伸ばすと届くところにドライヤーがあるので、つい...。
でも、どう考えても、ドライヤーよりもアイロンの方が出来上がりが美しくなりそうですね。温度調節もできますし。

良いことを教えていただきました!!!
今度、アイロンでトライしてみます~☆

M

管理者のみに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。