FC2ブログ

CASTLE OF LEARNING ~慶應義塾大学 通信教育課程~

記憶力が退化する年齢にもかかわらず、学びの城、慶應義塾大学通信教育課程に学士入学しました。理系出身の私が文系学部で学ぶことになり、よくわからないことばかり。それでも卒業目指して頑張ります。それまでの過程やその後の姿を綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

Posted: --------  --:--
カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

文系学部は理解不能?

Posted: 2014-09-14  23:59
カテゴリー: ぼやき・愚痴
↑このタイトル、文系学部に所属する皆さんには最初に謝っておきます。ごめんなさい。

ブログタイトルの下のブログの説明の部分にも書きましたが、わたしは理系出身 です。工学部の応用化学科を卒業しました。

所謂、「リケジョ」というやつです。小保方氏の騒動などもあり、「リケジョ」のイメージも良くなったのか悪くなったのか...、未だによくわかりませんがね。

今でもこの頭の構造はしっかり理系。勝手に「理系脳」とでも名づけましょうか。

理系のことなら、大抵のことはなんとなくでもわかります。理系ご出身の方なら、この気持ちがお分かりになると思います。

その理系脳を持つわたしが、文系の学部で学ぶとなると、「右も左もわからない!」、「皆目見当もつきません!」 ということが多すぎる のです。

英語・ドイツ語・フランス語など、語学ならまだわかります。どれも基本的には同じですから。

しかし、文系の専門科目になるともうお手上げ。 一体どういう勉強をし、どういう思考プロセスを辿ってレポートが書けるところまで行けるのか、未だに理解できておりません。

こんな状態でいいのか!!! いいわけないですよね。 失笑


Posted by Meisterstück

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

コメント


管理者のみに表示する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。